脳の構造は変えられる!

c0077900_16535649.jpg
先日、ブログにも書きましたが、マインドフルネス心理療法(自己洞察瞑想療法)は、脳神経生理学的な根拠、座禅や瞑想、西田哲学をベースにして作られた心理療法です。
(詳しく知りたい方は、「マインドフルネス・瞑想・座禅の脳科学と精神療法」という本や、NPO法人・マインドフルネス総合研究所のHPをご覧下さい。)

私がPTSDとパニック障害を治そう!と決意し、色々な方法を探した結果、治せる根拠のあるこちらの心理療法を受け、完治させることができました。
治せる根拠、理論がある。。。というのは、私にとっては強い味方であり、トレーニング中でも自分の治せる力を信じて、折れそうな心に誘惑されることなく、実践し続けることができました。

その脳科学的な根拠に、「脳の構造は変えられる」というのがあります。
使い方次第で、形も変わるのが脳だというのです。

みなさん、イヤイヤ回路ってご存知ですか?
「イヤ」という気持ちは、扁桃体(感情を起こすところ)を強く活動させ、その情報は記憶にかかわる海馬へ、そして意欲にかかわる帯状回へと伝わります。
例えば、楽しみにしていたイベントなのに、ちょっと苦手とする人が来ると聞いて、急に楽しくなくなりやる気がなくなるのは、イヤイヤ回路が働いたということになります。
でも、心配はいりません。脳にはきちんとイヤイヤ回路に歯止めをかけるストレス抑制回路というものがあるんです。
こちらのルートは、前頭葉眼窩皮質と前部帯状回から扁桃体へとつながっています。

眼窩皮質は気持ちにかかわる部分で、扁桃体が先走った判断をしないように働きます。
なので、この眼窩皮質に厚みがあってストレス抑制回路が頑丈だとストレスに強く、逆に、薄く脆弱だとストレスに弱いといえます。

うつ病やパニック障害などの不安障害、PTSDなどの病気の方は、脳神経生理学的な変調が起きていると言われています。
これは、イヤイヤ回路がどんどん活発に働き、ストレスホルモンがバンバン出て、脳にとっては毒素であるストレスホルモンで、自分の脳を傷つけ萎縮させている状態になっているのですね。。。

でも、大丈夫!
脳の構造は変えることができるのですからemoticon-0100-smile.gif

アメリカのイリノイ大学のアーサー・クレイマー教授らの調査によると、平均年齢65歳の人たちを対象に大規模な調査を行い、1回あたり40分程度のウォーキングを週3回、6ヶ月続けてもらい、運動の前後で数種類のテストを実施しました。
その結果、6ヶ月後、注意力にかかわるテストの成績が11%向上し、前頭葉外側部(知性に関係する部位)、側頭葉(記憶に関係する部位)、前部帯状回(意欲に関係する部位)の厚みが増したということです。

また、前頭葉の大きな機能の一つが言葉を使用する機能で、これは感情抑制機能もあわせもっているそうです。
言葉を使うこと、名前を付けること、名前をつけて対象的に考えること、これがイヤイヤ回路の抑制と深くかかわるというのです。

運動すること、自分の心の中に起こる事象に名前をつけ、それらを客観的に観ていくこと、そういうことをしていくと、ストレス抑制回路は強くなっていくのですね。
これらは、マインドフルネス心理療法のトレーニングに全て組み込まれています。
薬は直接脳に介入するので、薬が効くとずいぶん楽になれますが、脳の構造が変わるわけではありません。
でも、マインドフルネス心理療法は間接的に介入し、脳の構造を変えていくので、時間はかかりますが(半年~2年程度)、ずっとトレーニングを続けることによって、改善、そして完治していくのでしょう。

今、辛い状態にいる方も、自分が行動することによって、必ず変化を起こすことができます!
誰でも、自分で自分を救うことができるのだと、私はそう思っています。
[PR]
トラックバックURL : http://hanagb.exblog.jp/tb/16722649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pulala at 2011-08-29 13:30 x
ところで西田哲学って 西田 幾多郎氏の事ですね?
前から読もうと思ってたんだわ。。。彼の本。。

仏教で言う三毒の『貪・瞋・癡』の瞋の事ですね。。
そのイヤイヤ回路って....神経症で一番大きな影響があるんですよね。。。この イヤイヤ回路。。。
私も気をつけておりまぁ〜す。。。 
Commented by hanagb at 2011-08-29 18:36
pulalaさん☆

お久しぶりでーす!
その後、調子はどうですか?
その通り!西田哲学は西田幾多郎氏の事です☆
自己について。。。存在とは。。。
という話になると、西田哲学は、はずせないかと思います。
自己洞察瞑想をしていると、自分で自分を観ていくでしょ。そうすると、だんだん意識レベルも変わってくるかと思います。
西田哲学では、自己の根底は「絶対無の場所」である、といっています。
これを体感できると、また世界が違って見えてくるかと思います☆

イヤイヤ回路。。。
なるべく使用頻度は少なく、脳を使ってくださいね~♪
by hanagb | 2011-08-13 18:38 | ちょこっとコラム・メンタル | Trackback | Comments(2)

プリザーブドフラワーと布ぞうりのお店、花工房GreenBellの店主の日記。お店のこと、教室のこと、日々の暮らしなど。また、マインドフルネス心理相談員として、カウンセリングなどの活動をしています。


by hanagb